透明なドリンク

iconエナジードリンク

最近清涼飲料各社も注目を始めたエナジードリンク業界ですが、現在様々な種類のエナジードリンクが生まれています。
海外産のエナジードリンクも多く発売されており、業界としては追いつけ追い越せのエナジードリンク開発が熾烈を極めている状況です。
さてエナジードリンクと聞いたときについ気になってしまうのがその効能です。
いくら流行っているとはいえ効き目がないことには話になりません。
そこでエナジードリンクの指針となる要素についてチェックしてみましょう。

まず大事な要素になりうるのが、アルギニンと呼ばれるアミノ酸です。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進したり免疫機能を高めたりする機能を持っています。
アルギニンの含有量というのが各ドリンクによって違いますが、平均で120mgほどアルギニンが含まれているためまずはここをチェックしましょう。
次に大事になってくるのは脳を覚醒させる力のあるカフェインです。
コーヒーなどにも含まれているカフェインは意識をはっきりさせたり、眠気を覚ましてくれる力があり、多くのドリンクにはカフェインが平均して100mlあたり40mgほど含まれています。
以上二つの要素を平均と比べてみたときにコストパフォーマンスが明らかになってくる場合が多いです。
更なるコストパフォーマンスを求めるのであれば、大量購入が可能な通販を利用することをお勧めします。
通販では店頭では扱っていないほどたくさんの種類のエナジードリンクが販売されている可能性があります。
通販オリジナルドリンクも手に入れることができるかもしれません。
通販ならではの楽しみがそこにあるでしょう。

茶色いドリンク

icon海外製品を手軽に

日本では、レッドブルやバーン、モンスターエナジーなど数種類のエナジードリンクが販売されています。
それぞれに含まれる成分が微妙に違っており、味も違っているので自分の好み、体調に合わせて選べます。エナジードリンクは店頭だけでなく、ネットショッピングや通販でも買えます。

賞味期限前のものは大量に出回るので通販で買うと安い値段で買えてお得になります。
また、通販では賞味期限に関係なくまとめ買いをすれば割引がされることもあるので、商品を購入して持って帰るより自宅に届けてくれる通販が便利です。

黒いドリンク

iconアルギニンの効果

エナジードリンクは日本では清涼飲料水の扱いで、医薬部外品として扱われる栄養ドリンクに比べ、成分や効能の表示に制限を受けるため、効き目の強い成分は入っていません。
エナジードリンクに入っている成分としてよくあるのがアルギニン、カフェイン、ビタミンB群などです。多くのエナジードリンクに含まれているアルギニンは、アミノ酸の一種で体内でも生成されるので非必須アミノ酸とされています。

アルギニンの効果は、成長ホルモンの分泌を促進、疲労回復、血管を広げ血流を良くする、免疫力の向上、活性酸素の除去、動脈硬化の予防、骨強度の強化、高血圧の改善などがあります。
アルギニンの適正摂取量は、WHOによると成人男性で一日6~7gとされています。
アルギニンを過剰に摂取すると胃腸が弱っている場合下痢を引き起こしてしまうので注意が必要です。
また、不足すると成長阻害や動脈硬化など生活習慣病にかかる危険性が出てきます。

赤いエナジードリンク

iconどこで購入するか

アルギニンを含んだサプリメントも通販で購入できます。
一般的なエナジードリンクに入っているアルギニンは、1本に120から125mg入っており、疲労回復に効果があると言われています。
ただし、市販されている全てのエナジードリンクに入っているとは限らないので、通販で買うときには成分が入っているかを確認することが重要です。

また、海外で販売されているものを通販で買うこともできますが、日本で販売されているエナジードリンクは、海外で販売するものと違って、タウリンが含まれていないのが一般的です。
これは、タウリンを含んだドリンクは医薬部外品の扱いになるためで、日本では清涼飲料水としての販売となるため、アルギニンが代わりに含まれる形となります。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031